1. >
  2. いつの間にこんな金額に?過去の自分にお説教

いつの間にこんな金額に?過去の自分にお説教

その場で財布から現金がなくなるわけではないので、つい気持ちに余裕が出て、使いすぎてしまったことがありました。

後から明細書をみてびっくり。一体、何にこんな金額を使ったの?と履歴を確認したところで、まぎれもなくわたし自身の買い物でした。一回一回の金額はさほど大きくないとはいえ、まとまって見ると身分不相応に感じるほどの金額です。目に見えないお金を使い続けていたことを、反省しました。

その後は自分自身を戒め、出来る限り使わないようにしています。その時欲しいものがすぐに手に入ったって、困るのは、将来の自分ですから…

キャッシングはストレスやギャンブル依存症が陥りやすい闇

私の主人がカードのキャッシングをしていた時期がありました。

会社での自腹もありましたが、理不尽な罵倒でストレスが溜まってしまった影響で、ギャンブルに給料を使いこみ、私に打ち明けられないままキャッシングのにのめり込んでしまったようでした。

最初はクレジットカードでキャッシングしていたようですが、それがかさみにかさみ、毎月の支払いも滞ったために、さらに銀行のキャッシングでそれを支払うというスパイラルに陥ってしまっていました。

郵便ポストに何度か銀行やカード会社からハガキが来てたのを不審に思い、問いただしたところ白状しました。

主人曰く、借りているという感覚はなく、自分のお金のように簡単に引き出せたことで限度を超えていたことにも気づかなかったようでした。

なるべくしないキャッシング

キャッシングは、利子が高く、少しの金額のつもりがいつの間にか多額になってしまうというイメージがあります。また、手数料が500円くらいかかり出費がかさみます。出来るだけ借りない方がよいと思います。

私は、銀行に残高がなくてやむを得ずキャッシングしました。すぐに返したので、600円くらいしかマイナスにはなりませんでした。借りたらすぐに返す方が懸命です。一週間位でも利子はつくようでした。なるべくキャッシングはしたくないです。もしするときは、返済計画を立てて、返済可能な範囲でするべきです。最後の切り札として使うべきです。

SUB MENU